海外でも使える!プリペイドカード(マネパカード)

今回は海外でも使える「マネパカード」です。
バンドルカードはネットショッピング以外は国内でしか利用できませんでしたが、
マネパカードは「海外で便利!」というプリペイドカードです。
欅坂46が宣伝しているようですが、もうAKBのHKTだのNSB?だの誰見ても一緒に見えちゃうので💦
自分にはあまり関係ないかなと(笑)
海外旅行に行っているつもりになってゆったり読んで下さい♪

マネパカードってどんなカード?

FXの会社であるマネーパートナーが発行しているカードです。
プリペイドカードとして使えるだけでなく、ネットで外貨に両替も出来て現金で引出しも出来るのが特徴。
マスターカードが利用できるお店で利用可能です。
海外はマスターカードを利用できるお店が多いので便利ですね!(^^)!
仮想通貨取引所の「Zaif」からビットコインで手数料無料でチャージが出来ます。
Zaifでビットコイン保有が大前提ですが、手数料無料ってウレシイ!
その他、ATMかネットバンクよりチャージ可能です。

こんなカードです↓

デザインは普通のカードとあまり変わらないですね。

マネパカードのメリット

外貨の両替手数料が安い

いつ両替しても大丈夫なので、円高の時に両替しておいて円安の時に買い物をすると断然オトクですね!

海外でショッピングした場合、クレジットカードよりも手数料が安い

海外でクレジットカードを利用すると、為替手数料・海外事務手数料を取られるのですが、
マネパカードなら手数料等のコストが実質半額!

1枚のカードに6種類の通貨が対応できる

マネパカードは米ドル、ユーロ、英ポンド、オーストラリアドル、香港ドル、日本円に対応しています。

与信審査がなく、発行が早い。年会費無料

クレジットカードではないので、与信審査がありません。
年会費無料は嬉しいですね♪

国内でも利用できます

もちろん、国内でも利用できます。
子育て中の主婦がちょくちょく海外行くこともないので、国内で使えないと話にならないですね(笑)
仮想通貨でガッポリ稼げたら、盆正月に海外脱出組になれますかね(笑)欲張らない欲張らない。。
国内で利用するとキャッシュバックがあります!(1,2%~)

日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin

マネパカードのデメリット

暗証番号を忘れると再発行となる

海外で再発行になったら使えないですね、これは気を付けなければいけない事です!

土日はチャージ出来ない

土曜の朝8時~チャージ、両替ができないので、平日に忘れないようにしておかなければなりません。
ただ、スマホでも操作可能なので、スマホのバッテリーさえ切れなければ大丈夫かと(笑)

残高不足だと決済できない

これはプリペイドカードなので当然と言えば当然です。
バンドルカードのように通知機能が無いので、自分で残高を都度確認しておかないと痛い目に合うかも💦

補償はショッピングのみ

ショッピングの補償は50万あるのですが、プリペイドにチャージされている金額に対してはありません。
セキュリティーはしっかりしていますが、不正利用もゼロでは無いですよね。
よく補償内容を把握してから申し込む必要性がありますね。

海外でのATM引出し手数料が高い

ATMでの現金引き出しは手数料が高いそうです。
他の手数料は安いのにココだけ残念!

総合評価

結局は、海外旅行や出張、留学している人にとっては便利じゃないですかね?!
プリペイドなので使いすぎも防げますし。
一番惹かれたのは、円高の時に換金して円安の時に使えるってトコロです。
少し違うだけで、えーー!って思う時多いですからねー。

さてさて、、今の状況は?
あぅっ!! 何か今日は下がってます💦
明日復活すればいいなー(^.^)
慌てず静観。。

日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です